メニュー

Blog

2020.06.21 更新

不動産投資 減価償却は理解されてますか?

不動産投資 減価償却は理解されてますか?

こんにちは。

久保田高です^^


読者様から、減価償却が良くわからないというご質問がありましたので、

簡単にご説明いたします。


減価償却とは、物の値段を年々少なくしていくことです。


例えば、1棟1億円の物件を購入したとします。


通常その年に購入した備品は、費用として、その年に計上されますが、

減価償却の場合は、一度に費用にせず、

数年に分けて費用にする会計方法となります。


RCの場合であれば、耐用年数は47年と法律で定められているので、

1棟1億円の物件であれば、毎年約212万円(1億円÷47年)が経費になります。


ではなぜ、減価償却という会計方法が存在するのか。


会社で使用する備品で1年以上使用出来、かつ10万円以上する物は、

経費として一括で処理する事が出来ないからです。


1棟1億円の物件を一度に計上した場合、

その年の売上によっては、大赤字になります。


しかし翌年、不動産のような大きな買い物をしなければ、

大きく利益が生まれる事になり、

常識的に考えて、不自然な会計になってしまいます。


これが減価償却という会計方法が存在する理由の一つです。


これらの内容を全て暗記する必要はありませんが、

だいたいこんな感じの意味であるとわかるぐらいにはなっていただきたい

と思います。



久保田高


__________________



あなたの理想的な生活を実現するために、


不動産投資やネットビジネスを

本気で検討したい方には、

無料アドバイスをしています。


LINE@では、これからの時代、

会社に頼らず経済的自由を得て、

あなたの理想の人生を送るための

方法について配信しています。


下記のLINE@からご登録いただけます。


不動産投資の正しいやり方は、

LINE@で配信しています。


LINE@の登録はこちらから


↓     ↓     ↓


https://lin.ee/XJN25xOm

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。