メニュー

Blog

2020.06.20 更新

不動産投資 リスクはコントロール可能

不動産投資 リスクはコントロール可能

こんにちは。

久保田高です^^


不動産投資で、一般的に言われているイメージやリスク部分をお話します。


1つ目は、家賃の下落です。


新築物件は、中古物件より家賃の下落が顕著にあります。


理由は、建った直後の新築は、入居者が一番住みたいと思いますから、

家賃が一番高い状態にあります。


それに対し、築20年と築30年ではあまり差がなく、家賃は底で、

大きく家賃が下落するリスクも、利回りの低下の危険性も低いです。


2つ目は、空室です。


人は、いつかは引っ越しをしますので、空室は、避けては通れません。


但し、空室をすぐにうめるノウハウや入居率を非常に高く維持していくノウハウ、

物件購入時になかなかうまらない部屋を買わないようにリスクヘッジする手法

がありますので、回避は可能です。


3つ目は、不動産価格の下落ですが、今の時代は考えなくても良いかと思います。


4つ目は、地震ですが、保険に入り防いでいく形になります。


5つ目は、入居者が家賃を滞納してしまったり、

問題人物が入居してしまうリスクです。


久保田も経験がありますが、

オーナーチェンジで物件購入した時に、

以前のオーナーがしっかり審査をしておらず、

滞納癖の方を引き継いでしまった為でした。


のちに引っ越しをされたので、今は家賃滞納は全くありません。


問題人物は、審査をきっちり行えば、防ぐ事が出来ます。


不動産投資の成果は、株やFXと違って流動性がないので、

2~3年では判断できません。


ですが、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と呼ばれ、

株やFXに比べ、安定性があります。


家賃が来月から半額になるという事がなく、毎月の収益を見込めます。


久保田の経験から言うと、不動産投資は、事前にローリスクにすることができ、

それを確認した上で始めることが可能な投資です。


信頼できるパートナーに、ゆだねてしまうことも時間を節約するという意味

では大切です。


良いリフォーム会社、良い管理会社、良い客付けの賃貸の業者などに

力を借りることです。


投資家自身も勉強をし、自らリスクのコントロール方法を習得し、

実践していくことが大切です。



久保田高


__________________



あなたの理想的な生活を実現するために、


不動産投資やネットビジネスを

本気で検討したい方には、

無料アドバイスをしています。


LINE@では、これからの時代、

会社に頼らず経済的自由を得て、

あなたの理想の人生を送るための

方法について配信しています。


下記のLINE@からご登録いただけます。


不動産投資の正しいやり方は、

LINE@で配信しています。


LINE@の登録はこちらから


↓     ↓     ↓


https://lin.ee/XJN25xOm

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。