メニュー

Blog

2019.12.05 更新

素直で言うことを何でも聞く単細胞な奴隷

素直で言うことを何でも聞く単細胞な奴隷

こんにちは。

久保田高です^^


あっという間の12月で、忙しい日々が

続いている方々も多いと思いますが、

いかがお過ごしでしょうか?


僕のまわりには、風邪を引いてしまったという

人も増えてきているので、うつされないように

僕も気をつけようと思います(笑)


さて、師走=忙しい、ということを言われたり

するので、そのことについて今日は言及したい

と思います。


この忙しいですが、仕事が忙しいことで予定も

充実していて、しかも、収入的にも沢山稼げて

いるということでしたら、これは良いことなの

かもしれません。


そのお金を使うための時間は全然ないという

ことでしたら、良くはないのかもしれませんが。


で、今日は何が言いたいのか?


と言いますと、一番最悪なのは、毎日忙しい

のに、低賃金労働をしている人たちですね。


これは、怒られてしまうかもしれませんが、

はっきり言わせてもらうと、哀れなことです。


なぜならば、一生懸命、何年も、何年も

将来をきっとよくなるだろうと信じて

身を粉にして働き続けても、お金はほぼ

増えないからです。


しかも、そういった盲目的にただ目の前にある

ことを毎日一生懸命がんばり、働き続けている

人に限って、自分の人生をより良く生きるため

の手段や目的についてはあまり考えません。


ですから、常に搾取されている側から脱出する

ことができずに何年もほぼ同じようなことを

して、生きているわけですね。


具体的には、会社と家の往復の繰り返しです。


これを、金持ち父さん貧乏父さん風に言うと、

ラットレースと言います。


ですから、どうしても、日本では、特にこれは

小さい頃からの学校教育や親の教育にも直結

してくるのですが、一生懸命、勉強か仕事を

がんばり続けると褒めてもらえます。


こういったことが、日本では、美徳であり

美学なわけです。


逆に言うと、会社や国家は余計ないことは

考えてほしくないわけです。


それは、何かというと、脱サラ起業や、

自分で副業で稼げる力を身に付けること

などですね。


ですから、言い方は悪いですが、会社は社員を

ギリギリで生かす、ということです。


素直で言うことを何でも聞く単細胞な奴隷を

沢山抱えたいというわけですね。


というわけで、今日は、久保田は何てことを

言ってんだ?


と怒られてしまうような内容を書いてしまった

かもしれませんが、まんざら冗談でもない真実

だったりもするので、もっと収入を増やして

自由になりたい人は信じると良いと思います。


気分を害したという人、僕を批判評論する人

は、そのままでも良いと思います。


何を信じて、何を選択して生きていくかという

点は、極端な話、僕は、個人の自由だと

思っているからですね。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。