メニュー

Blog

2019.12.01 更新

【マンション経営】滞納された場合の対処法とは?

【マンション経営】滞納された場合の対処法とは?

こんにちは。

久保田高です^^


不動産投資で、滞納を起こされるのは当然良い話ではありませんが、

皆さんが気になる分野の上位に上がってくると思います。


今回もサポート会員のSさんに、

滞納を起こされた時の被害状況やどのように乗り越えたか

実際に体験された事例を交えて具体的にお話してもらいました。


「2010年に購入した最初の戸建て物件で滞納が起こりました。


最初は家賃の入金がありましたが、

途中管理会社から『家賃の入金がない為督促しておきます。』

と連絡がありました。


入金は入居者→管理会社→Sという流れです。


戸建て物件ですので、

その人が入金してくれないと収入がゼロです。


2ヶ月目にも又家賃が入っていないと管理会社から連絡がありました。


3ヶ月目に1ヶ月目の家賃が入ってきましたが、

時差式で家賃は支払われ、滞納は続いていきました。


しばらく続いた後、3ヶ月連続の滞納となり、

その時点で、管理会社からのお勧めで

弁護士の名前で内容証明を送ってくれました。


入居者が入っている保証会社に、

管理会社が手配してくれたのだと思います。


その結果、1ヶ月分の家賃は入ってきましたが、

半年から8ヶ月くらい滞納状態は続きました。


そこから細かい動きは分かりませんが、

保証会社から管理会社経由で、結果退去させますとの話を受けました。


保証会社は、滞納されている金額をオーナーに保証しないといけないので、

早く退去してもらい、傷口が広がらないようにしたい訳です。


ですから、保証会社が動いて強制退去させるという連絡がありました。


私もそのほうが良かったので、それでお願いしました。


その後、強制退去させる為に、作業している最中及び

家財道具全てが家の前に出ている現状写真が送られてきました。


保証会社がなんらかの手段を使い、

その後どこかに引っ越しさせたのだと思います。


室内の原状回復をしてくれ、

保証会社が家賃滞納分も私に入金してくれ、

滞納分はきちんと取り返せました。


時間はかかりましたが、結果的に私に損はありませんでした。


管理会社だけでなく、保証会社も入れる事が大事です。」


Sさんの話から、保証会社は必須です。


家賃の滞納を恐れる人もいるかもしれませんが、

きちんと対策をすれば、金銭的な損害をなくす事が出来ます。


是非参考にしてください。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。