メニュー

Blog

2019.11.30 更新

起業 労働集約型の副業をやめて不労所得を得るべき理由

起業 労働集約型の副業をやめて不労所得を得るべき理由

こんにちは。

久保田高です^^


労働集約型の副業とは、

自分がプレーヤーとして継続して作業するビジネスのことです。


時間と稼げるお金の量が連動していなくても

時給制のアルバイトと同じ仕組と考えられます。


もっと簡単に表現すると時間を切り売りする事です。


当然、手を休めると稼げなくなってしまいますので、

不労収入化が出来ないビジネスと言えます。


時間的な制約から行き詰まる可能性が高いです。


例えば、インターネットの物販、転売などは労働集約型と言えます。


古本、DVD、ゲームなどのせどりとよばれる利ざやを得る物や、

インターネットオークション、ヤフオク、メルカリを使った転売は、

継続的に作業をしなければなりません。


また、ブログやメールマガジンを使った

アフィリエイトも労働集約型です。


この状態を打破するには、人を雇用するか外注し、

仕組化を目指す必要があります。


ですから、忙しい会社員が取り組む副業としては、

休日や帰宅後などの限られた時間で結果を出せる

副業でなくてはなりません。


これらの事を踏まえて、どのようなものがベストかと言うと、

ですから、お勧めは不動産投資です。


久保田自身、会社員時代に時間が全然ない中、

脱サラ、起業することが出来たからです。


忙しくて取り組む時間がない、

労働集約型の副業で、これ以上なかなか伸ばせないということに

薄々気づいている方が非常に多いのですが、

そういった方こそ、

不動産投資に是非チャレンジしていただきたいと思います。


その為に忙しい会社員の方が結果を出していく為の

具体的な物件の買い方、スキームが存在します。


ブログではお伝えしきれないことがありますので、

ご興味がある方は、下記LINE@にご登録いただき、

メッセージをいただければと思います。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。