メニュー

Blog

2019.10.16 更新

新築物件VS中古物件

新築物件VS中古物件

こんにちは。

久保田高です^^


新築物件と中古物件のどちらが良いかと

非常に良くいただく質問があります。


結論は、どちらとも言えません。


例えば会社員の方で、

非常に忙しくて全然時間が取れないので、

突発的に傷んだり、壊れたりも考えたくない、

管理会社に丸投げしたいなど、

不動産投資のことを何も考えたくない場合は、

新築物件のほうが良いと思います。


傷んだり、壊れたりがほぼないので、

手間をかけずに賃貸経営が出来ると思います。


管理運営も管理会社がしてくれます。


但し、中古物件に比べて収益性は落ちます。

楽な案件で稼げるといううまい話はありません。


新築物件は、家賃下落も中古物件より高いです。


その点、中古物件は家賃下落は落ち切っているので、

新築物件より安定していて収益性が高いです。


手残りは、大きく期待出来ます。


大きく稼ぎたければ、戦略は中古物件です。


当然デメリットもあります。

傷んだりした時は、オーナーが修繕しなければなりません。

その分も見越して、収益性が大きいということになります。


ですから、新築物件も中古物件もメリットデメリットがあり、

どちらが良いかは一概に言えません。


これらを踏まえて、

ご自身の今の状況やどういった投資をしていきたいのか、

人それぞれ状況が違いますから、

考えていただければと思います。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。