メニュー

Blog

2019.10.12 更新

地方投資の5つの特徴

地方投資の5つの特徴

こんにちは。

久保田高です^^


地方投資の5つの特徴を説明いたします。


1つ目は、高収益を実現出来ることです。


確かに都心の物件は、地方に比べて入居がつきやすく、

堅く安定的かもしれませんが、

満室で買ったとしても、アッパーが決まっていて面白味がありません。


地方は、空室がある場合もありますが、

きっちり空室対策をし、入居率をあげ、満室にしていくことで、

非常に高収益の不動産オーナーになることが出来ます。


つまり、都心では到底実現出来なかったような高収益を

実現することが可能です。


地方で高稼働を実現することは、それほど難しいことではありません。


都心よりも儲かるチャンスだと思っていただきたいと思います。


2つ目は、購入時のライバルが少ないことです。

まだまだ都心で買いたいと思う人が多いので、

皆さん都心に集中します。


そうすると、都心はレッドオーシャンで、地方はブルーオーシャンです。


購入しようと思う時に、

他に買い付けを入れている人がいなかったり、

融資を進めている人がいなかったりすると、

買う人がいなくて大丈夫なのかと思うかもしれませんが、

そこが、人が目をつけていないというチャンスです。


投資の世界では、人が行く道の裏を行くと成功すると昔から言われています。

人が行くところで大きく勝つのは、なかなか難しいと思います。


3つ目は、家賃レンジが低いことです。


募集する時の家賃が低いので、

失礼ながら、社会的には低属性の方々に部屋を貸す事業になる場合が多いです。


これがチャンスです。


とにかく、家賃が低ければなんでも良い、

築年数が古かったり、外壁が汚くても良い、

住める空間があれば良い、という方々は沢山いらっしゃいます。


こういう方々は、値段が全てですので、

一度住むと、引っ越すのも手間ですし、お金もかかるので、

非常に長く住んでくださることも良くあります。


4つ目は、賃貸経営のライバルが弱いことです。


強豪がご年配の方々です。


20~30歳代のように、これから家賃で稼ぎたい、資産形成したいという風に、

モチベーションが高く、野心がある方々ではなく、

銀行の借り入れもなく、空室が沢山あっても急いで埋めようとしておらず、

のんびりとした賃貸経営をされているケースが結構あります。


ですから、同じ市場で勝って行くのは、それほど難しくありません。


これが2つ目同様、ブルーオーシャンで、大きなメリットとなります。


5つ目は、車社会ですから、駐車場があれば、駅からの距離を全く問わないことです。


都心とは全く違います。


以上の特徴を理解していただければ、

都心よりも地方投資は、充分に魅力が多いですので、

是非皆さんもやっていただければと思います。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。