メニュー

Blog

2019.09.29 更新

不動産投資の5つのデメリット

不動産投資の5つのデメリット

こんにちは。

久保田高です^^


不動産投資の5つの大きなデメリットをお話します。


久保田は、メリットの話もしますが、

あえてデメリットの話もしたいと思います。


1つ目は、多額の借り入れをすることです。


日本において、借金することはマイナスのイメージがありますが、

久保田は、何億円でも出来る限り借金したいと思っています。


不動産投資の世界では、単なる手段、手法です。

借り入れをすることは悪ではありません。


善悪にとらわれること自体がマイナスです。


その考え方をまず変える勉強をしていただきたい

と思っています。


2つ目は、物件によっては手間がかかります。


新築や築浅物件は、手間がかかりませんが、

物件によっては、問い合わせが入ってきたり、

問い合わせをしたりしないといけないかもしれません。


ですが、これは自主管理をした場合の話です。


基本的に、管理会社に管理委託をお願いしますので、

手間がかかることは、まずありません。


3つ目は、売りたい時にすぐに売れず、流動性が低いことです。


市場に売りに出して、

リアルタイムですぐ買いますとはなりません。


色々な人が、物件にたどりつき、

融資を勧めていったりとなります。


株やFXのようにすぐに現金化は出来ません。


ですが、不動産取引は相対取引があり、

売りたい人が納得した金額であれば、成立します。


ですから場合によっては、

市場価格より、割安で買えるメリットもあります。


流動性が低いからこそ、そういう面白い取引が出来ます。


4つ目は、税金との闘いです。具体的には所得税です。


専門家である税理士に相談して、

しっかり対策を打っていただきたいと思います。


5つ目は、老朽化によるリフォーム、修繕費がかかることです。


新しい物件は、リターンは小さいかもしれませんが、

老朽化によるリフォーム代は、ほとんどかかりません。


古い物件は、リターンは大きいかもしれませんが、

老朽化によるリフォームで支払いも多くなります。


何事もリスクとリターンのバランスを取ってください。


ですが、いずれも対応可能ですし、

デメリットと呼べないような物に変えていけ、

充分出費を抑える事も出来ます。


以上を参考に、メリットだけでなく、デメリットにも目を向けて

勉強していただきたいと思います。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。