メニュー

Blog

2019.09.01 更新

マンション経営 電話勧誘の断り方

マンション経営 電話勧誘の断り方

こんにちは。

久保田高です^^


「マンション買いませんか。」

というテレアポの勧誘が来る方がいらっしゃると思います。

久保田もいまだにかかってきます。


その断り方についてお話していきたいと思います。


テレアポの部署があって、上から順に人海戦術している

不動産業者がいまだにいます。


タウンページや名簿、リストが絶対あり、

ほぼ新築のワンルームマンションです。


なぜそうなるのかは、

久保田は不動産を買ってきていますし、

色々な物件情報や、

投資家の物件購入現場に立ち会ってきていますので、

分かります。


良い物件は、業者がテレアポで「買いませんか。」

と言うのは、まず有り得ません。


理由は、そんな事をしなくても、

人気が殺到しているので、

買い付けが沢山入っています。


業者が労働力を投入して、

頑張って不動産を売ろうとしている場合は、

イマイチな物件が多いですので、

そういう視点を持っていただきたいと思います。


つまり、一生懸命頑張ってしないと売れないのか

と言うことです。


良い物件は、頑張らなくても待っていても売れます。


断り方は簡単です。


「東京のど真ん中、大阪のど真ん中の〇〇駅から、徒歩1分で、

こんな物件は、二度と回ってこないです。」

と言ったテレアポに対して、


「大丈夫です。すみません。」

「興味ありません。」


と言って、さっさと切ってしまうことです。


あるいは、

「じゃあ、〇〇さんは不動産投資をしているのですか。

この物件を購入されているのですか。」


と返すと言いと思います。

ほとんどしていないと思います。


その他に、久保田に直接相談したい方は、

秘書ではなく、直接久保田が返信していますので、

下記LINE@から、「相談希望」あるいは「質問内容」を

送っていただければと思います。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。