メニュー

Blog

2019.08.03 更新

不動産投資 利回り何%なら良いのか?

不動産投資 利回り何%なら良いのか?

こんにちは。

「不動産投資&銀行借入のキモがわかる本」著者の

久保田高です^^


会員や読者の皆様から、不動産投資の利回りは何%が良いか

とご質問を受けますが、それだけでは回答出来ません。


物件単体の数字だけでは、利回りを判断出来ないからです。


例えば、現金のみで買える人はほとんどいないので、

金融機関から融資を引いて、不動産を買っていきます。


その時に、物件の利回りとしては何%というのはわかりますが、

融資を引く時に、金利何%で引けるのか、

例えば1%なのか、それとも3%なのかで、全然変わってきます。


さらに、

融資期間を何十年で引けるのか、

20年、30年、35年で引けるのかでも全く状況が変わってきます。


つまり、収益性、キャッシュフロー、

イールドギャップ(物件利回り-調達金利)

などの数字で変わってきます。


総合的に見て行かないと、

不動産の物件の利回りの判断は出来ません。


その当たりを含めて、注意していただきたいと思います。


その他、速報的、秘匿性の高いクローズドな内容は、

LINE@の読者様限定で発信しております。


ご興味ある方は、

下記LINE@にご登録、チェックいただけますと、

大変嬉しく思います。



久保田高


__________________



不動産投資の正しいやり方は、

久保田高の公式LINE@で発信しています。



久保田高の公式LINE@はこちらから

↓     ↓     ↓

http://line.me/ti/p/@qvo1576g

トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。